スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内初、世界水準のデジタルX線透視調査を開始しました!

情報が高度にやり取りされる現在、普段何気なく使うPCやスマホから吐き出されるさまざまな個人データを悪用される恐れも高まって来ております。ライバル企業や個人を対象とした情報の収集から、ある特定の個人を対象としたストーカーまで過去には考えられ無かったスピードであらゆる情報が盗み出され、悪用されようとしています。さらにはここ近年のビッグデータの収集により得られる個人行動や個人情報の応用や操作、そしてさらには世界的な事業の独占化の波など何時何処で情報が盗み出されているのか見当もつかない状況に有ります。

精密な電子機器である極小の秘匿性の高いリモコン盗聴器は、その他の多くの探偵や専門業者で現在行なわれる安易な調査水準ではまず発見は不可能です。現状である特定の業界や個人に対して可成りの高度な盗聴、盗撮の技術の進化、秘匿化等の技術の向上により此れまでの通常の調査項目だけでは正確に特定しきれない状況になって来ております。

しかし、この様な情報は各々の企業、個人レベルでも防ぐ為、今後さらなる高度な特殊な調査が必要と成って居ります。
情報を盗み出すには、ある一定の情報の発信源が存在します。それら情報発信源を抑え、突き止め対策、撤去をする事でたいていの情報の漏洩は防ぐことは可能です。弊社はこれらの情報の発信元となる情報機器の特定と無効化さらには撤去を専門とした情報漏洩対策の専門家です。

この様な盗聴不安をぬぐい切れない状況を一刻も早く解決したい。出来れば建物や壁などは破壊せずにその中身だけをより正確に調査したいなどの要望、要求もある一定の割合で存在して居ります。
X線透視調査はこれらの要求を満たす最高水準の調査項目となり得ます。
例えば通常は穴あけが必要と成る壁の中、開封が困難、また複雑な構造の電化製品内部偽装が疑われる身の回りの品々等此れまでの調査項目だけでは到底発見不可能であった部分も此のX線透視調査では可能とします。
X線透視調査には国家により様々な制約や制限(X線作業主任者の資格の所持や使用方法など)が有りますが、弊社ではこの難関をクリアした専任者により法的に担保された特殊調査が現在の所、可能と成って居ります。

2013_08_27_175123.jpg

盗聴器発見
盗聴器調査
盗聴発見調査
盗聴器発見業者
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スキャンロックサービス

Author:スキャンロックサービス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。